長持ちする治療をめざす歯科医院 【一般歯科・口腔外科・小児歯科・咬み合わせ他】

Wada Dental Clinic  和田歯科医院

「木に学べ 歯に学べ」   大阪市城東区蒲生1-12-10

症例と患者様の声

 「歯医者さんの技術の差って、どうしたらわかるのですか?」
  「長持ちする治療って、具体的にはどのようなものですか?」
  と、よく聞かれます。
  そこでちょっと、そのチェック方法についてお話ししましょう。

  下のイラストをご覧下さい。
  以下の条件がクリアできていればいるほど、
  長持ちする確率は高くなりますので、
  それができる歯医者さんを選ぶことがポイントですね。

    ムシ歯の部分がキチンと取れている
    人工物がぴったり合っている
    歯の神経(根管)の治療に不安がない
    土台がしっかりしている
    歯肉や歯を支えている骨が健康である
    噛み合わせが安定している
    歯のお手入れが行き届いている
     人工物は材質の良いものを使用している



  このように、見えないところもキチンと対処できていればいいのですが、
  患者さんには、外から見ただけではわかりにくいところもあります。
  大きな不具合が出てからでは、再治療が不可能になることもありますし、
  それは今、問題になっているマンションの構造計算と似ています。
 
  そこで治療の良し悪しを知る手段のひとつとして、
  レントゲンによるチェックをしてみましょう。
  これで歯の中や骨の状態、人工物の適合、治療内容などを
  知ることができます。

  そして再治療の際には、不備な点をしっかりと改善しておきましょう。


  症例 -その1-
   
 歯と歯肉の境目が腫れたケースです。
 人工物(かぶせもの)の精度が低く、ぴったりと合っていません(赤←)。
 そのため、不潔域に歯石ができ(黄←)、歯肉に炎症を起こしています。
 さらに神経の治療も不十分で(緑←)、根っこの先には膿の袋ができています。
 問題箇所はきちんと再治療して、歯の延命化をはかりましょう。

  症例 -その2-
  
 歯が何となく重い感じなのに、何もないと言われ、転院されてきました。
 人工物の精度が低く(赤↓)、出っ張ったり、すき間ができたりしてます。
 また歯間の骨が溶けており(黄↑)、このままでは歯の寿命が縮まるでしょう。
 それに加え、神経の治療も不十分です。

  症例 -その3-
    →  
 歯の付け根が膿んでいて、押さえると痛いという患者さんです。
 歯の中(神経)の治療が不十分で、根の先に影(左写真)が写っています。
 再治療で炎症の原因を取り除き、根の先までしっかり封鎖すると、
 新しい骨ができて、溶けていた骨が自然治癒しています(右写真)。




和田歯科医院
〒536-0016 大阪府大阪市城東区蒲生1-12-10
06-6932-1108